サマラス首相:ギリシャのユーロ残留には歳出削減が不可欠

ギリシャのサマラス首相は8日、2 年間で115億ユーロ(約1兆1500億円)の歳出を削減する計画には、不 公平で痛みを伴う決断が含まれるものの信頼回復とユーロ圏残留に必要 な措置だと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。