野田首相:胡国家主席と立ち話-日中関係「大局的な観点から対応」

野田佳彦首相は9日のアジア太平洋 経済協力会議(APEC)首脳会合後に会見し、中国の胡錦濤国家主席 に対し、戦略的互恵関係を発展させるため両国の関係に「大局的な観点 から対応したい」との考えと伝えたと話した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。