野田首相:李大統領に日韓連携の重要性を強調-短時間の会話

野田佳彦首相は9日、アジア太平洋 経済協力会議(APEC)の議場で韓国の李明博大統領と立ち話を行 い、北朝鮮の問題などに対応するため「日韓が連携していかなければな らない」と伝えた。さらに、大局観に立った両国の関係構築を求めた。

ウラジオストクで行われているAPEC首脳会合終了後に野田氏が 会見で明らかにした。野田氏はきのうの会合時に、韓国の李明博大統領 と握手。この時は李大統領と目が合った瞬間に握手しただけで、言葉は 交わしていないという。

このほか、玄葉光一郎外相も8日に、キム・ソンファン韓国外交通 商部長官と意見交換。竹島を巡る問題で悪化した関係を鎮静化するため に、できる限り冷静に対応することで一致した。外務省が発表した文書 によると、両外相は日韓が経済や安全保障の分野などで協力することが 双方の利益につながるとし、外交当局間の意思疎通を維持することでも 合意した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE