イエレンFRB副議長、市場との対話推進-次期議長の呼び声

米国の金融政策を決める連邦公開市 場委員会(FOMC)が会合直後に政策金利の変更に関する声明を初め て発表したのは1994年2月。ジャネット・イエレン氏(66)が米連邦準 備制度理事会(FRB)理事に指名されるわずか6カ月前のことだっ た。ブルームバーグ・マーケッツ誌10月号が特集した「最も影響力のあ る50人・2012年版」の中で、同氏は透明性と市場との対話手段向上を推 進してきたと評された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。