過去1年余りで最も高い支持率を獲 得した翌日、オバマ米大統領は予想よりも伸びが鈍かった雇用市場の現 実を突き付けられた。再選に向けた盛り上がりに水を差される可能性も 出ている。

民主党全国大会でオバマ大統領が指名受諾演説を行った約12時間 後、共和党の大統領候補ロムニー氏は、雇用統計の結果を捉えて現政権 が直面する経済の厳しさを強調した。

特定の党派に属さない「ローゼンバーグ・ポリティカル・リポー ト」の編集者、スチュアート・ローゼンバーグ氏は「一定の勢いのある 実に良い党大会を終えたばかりの大統領にとって、このタイミングは最 悪だ」と指摘した。

オバマ、ロムニー両候補は雇用統計が発表された7日、スイングス テートと呼ばれる接戦の予想される州であるアイオワとニューハンプシ ャーでそれぞれ遊説。

ロムニー候補はアイオワで、今回の統計は大統領選で有権者に与え られる「明確な選択肢」を浮き彫りにしていると述べた。また、米連邦 準備制度理事会(FRB)が一段の措置を講じることが大きな効果を生 むとは思えないと発言。FRBの直近の金融緩和は、「われわれが期待 していたほどの効果がなかった」と断じ、オバマ大統領は自身の政策で は実現できなかった景気回復の促進をFRBに頼っているとの考えを示 唆した。

ギャラップの6日の世論調査によると、オバマ大統領の支持率 は52%と、1年3カ月ぶりの高水準となった。また登録有権者のうちオ バマ大統領を支持するとの回答は48%、ロムニー候補支持は45%だっ た。

米失業率は2009年2月以降、8%を上回り続けている。これは1948 年にさかのぼる月間統計で最長だ。

ニュージャージー州を訪れたオバマ大統領は、雇用統計の数字が 「十分でないことは認識している」とし、「より早く、より多くの雇用 を生み出す必要がある」と述べた。

原題:Obama Momentum Slowed by Jobs Report That May Spur Fed Stimulus(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE