米国債:反発、追加緩和観測で-雇用が予想以上に鈍化

7日の米国債相場は4日ぶりに反発 した。8月の米雇用者数の伸びが予想以上に鈍化したことを受け、連邦 公開市場委員会(FOMC)が早ければ来週の会合で資産購入拡大を決 定するとの観測が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。