ウラジオストクのLNG基地開発、年内に投資判断-日ロ覚書

日本とロシアはウラジオストクでの 液化天然ガス(LNG)基地建設をめぐり、年内に暫定的な投資判断を 下す見通しとなった。アジアで高まる燃料需要に応えるのが狙い。

7日付の経済産業省の文書によると、8日に行われる野田佳彦首相 とロシアのプーチン大統領との会談に合わせ、両国の間で開発に関する 覚書が交わされる予定で、年内に投資判断を下すための大枠がまとま る。基地で生産したLNGの大半は日本向けに輸出される計画だとい う。

原題:Japan, Russia Set to Decide on Vladivostok LNG Plant This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE