NY外為:ドルが下落、米雇用の伸び減速で緩和観測強まる

ニューヨーク外国為替市場ではドル が下落。対ユーロでは3カ月ぶりの安値となった。8月の米雇用者数の 伸びが市場予想を下回ったことから、連邦公開市場委員会(FOMC) による追加緩和の観測が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。