【日本株週間展望】業績懸念強くなお下値警戒、欧米材料で波乱含み

9月第2週(10-14日)の日本株 は、下値警戒感がくすぶる展開となりそうだ。世界経済や企業業績の 悪化懸念が強く、外需依存度の高い銘柄には実需の買いが入りにくい。 注目度の高い欧米材料の結果次第では、波乱の展開も予想される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。