サムスンの主張めぐる審理日程変わらず-アップルとの係争

韓国のサムスン電子がタブレット型 端末「ギャラクシー・タブ10.1」の米国販売差し止めの暫定命令解除を 求めている問題で、米連邦地裁は6日、この審理を遅らせようとしてい た米アップルの主張を退けた。

カリフォルニア州サンノゼにある連邦地裁でのサムスンの申し立て をめぐる審理は今月20日に予定されている。一方、アップルはサムスン の携帯端末8機種の米国での販売差し止めを恒久化するよう主張してお り、これについては12月6日に審理が開かれる予定となっている。アッ プルはこの日程について、同社の申し立てを先に審理すべきだと主張し ていたが、ルーシー・コー判事は審理日程変更の求めを受け入れなかっ た。

裁判所資料によれば、アップルは同社の求めはサムスンの申し立て より「緊急性が高い」と主張していた。

原題:Apple-Samsung Judge Won’t Change Sales Ban Hearing Dates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE