日銀基金国債買い入れオペ、1-2年が連続で札割れ

日本銀行が実施した資産買い入れ等 基金による国債買い入れで、残存期間1年以上2年以下のオペが2回 連続で応札額が予定額に満たない札割れとなった。

日銀発表によると、同1年以上2年以下のオペでは予定額4000 億円に対して、応札額は3425億円にとどまり、全額を落札した。一方、 残存期間2年超3年以下のオペでは予定額4000億円に対し、応札額は 5284億円となり、4000億円を落札した。

前回8月31日の同オペでは、同1年以上2年以下が札割れとなっ た一方、2年超3年以下は札割れを回避した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE