独ルフトハンザが1000便欠航-客室乗務員労組の24時間ストで

欧州2位の航空会社、ドイツのルフ トハンザ航空は客室乗務員の労働組合がストライキに突入したことか ら、1000便余りを欠航した。同労組にとって過去最大規模のストとな る。

1週間で3回目となる7日のストでは、国内の全ての業務を対象 に24時間実施する。ルフトハンザは1日当たり約1800便を運航してい る。

ストによるルフトハンザ便への影響は、パイロットのストで2年半 前に1200便が欠航した時以来で最大。客室乗務員労働組合(UFO)は 新たな条件提示を受ければ交渉を再開すると表明しているが、経営側は 拒否している。

ルフトハンザが15億ユーロ(約1500億円)の経費節減計画を実施す る中で、労組と経営陣は予想される賃上げの規模をめぐって対立。労使 交渉は8月28日に決裂している。

原題:Lufthansa Drops 1,000 Flights Amid Biggest Cabin Crew Strike(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE