円が対ユーロ約2カ月ぶり安値更新、一時100円台-リスク選好

東京外国為替市場では、午後の取引 で円が一段安となり、対ユーロで約2カ月ぶりの安値を更新した。欧州 中央銀行(ECB)の国債購入プログラム合意に加え、米国で雇用関連 指標が好調だったことから、市場のリスク回避姿勢の後退を背景にした 円売り圧力が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。