日本株続伸し3月来上昇率、ECB決定や米統計好感-景気敏感主導

東京株式相場は続伸し、主要株価指 数は3月以来の上昇率を記録した。欧州中央銀行(ECB)が無制限 の国債購入プログラムに合意したことや米国経済統計の改善、為替の 安定を受け、景気や企業業績に対する不透明感が和らいだ。輸送用機 器など輸出関連、鉄鋼など景気敏感業種、保険など金融株中心に高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。