債券は下落、欧米不安緩和や株高警戒-長期金利は2週間ぶり高水準

債券相場は下落。米雇用関連指標の 改善や欧州債務問題に対する懸念の後退を背景に、リスク資産の株式 などが買われ、債券が売られた米国市場の流れを引き継いだ。国内株 高も手掛かりとなり、長期金利は2週間ぶり水準に上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。