米国株(7日):続伸、弱い雇用統計で緩和策観測が強まる

更新日時

7日の米国株式相場は続伸。S& P500種株価指数は約4年ぶりの高値水準で終えた。米雇用統計で雇用 者数が予想を下回る伸びとなり、緩和策実施の観測が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。