銅トレーダー、昨年10月以降で最も強気-景気刺激策を期待

銅トレーダーは、過去約11カ月間で 最も強気な姿勢を示している。各国の中央銀行が経済成長てこ入れ策を 強化し、金属需要が拡大するとの観測が高まったことが要因。

ブルームバーグがアナリストを対象に実施した調査では、21人が来 週の銅相場は上昇すると予想、5人が弱気姿勢を示した。中立姿勢を示 したのは4人だった。強気姿勢を示した人の割合は昨年10月14日以降で 最大となった。ヘッジファンドは5月以降で初めて相場上昇を見込む投 資姿勢を示しており、ロンドン金属取引所(LME)の指定倉庫の銅在 庫は約4年ぶりの低水準に落ち込んだ。

ゴールドマンの商品調査責任者ジェフリー・カリー氏はインタビュ ーで、商品相場がさらに10%上昇する可能性があるとの見方を示した。 商品は先月、強気相場に入った。

フェアファックスIS(ロンドン)のアナリスト、キャロル・ファ ーガソン氏は「次の刺激策の世界の経済成長への効果が期待されてい る」と指摘。「産業活動の良い指標だ。需要が回復すれば銅相場は大幅 に上昇するはずだ」と述べた。

原題:Copper Trade Most Bullish Since October on Stimulus: Commodities(抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova、Agnieszka Troszkiewicz、Isis Almeida、Jae Hur、Glenys Sim、Luzi Ann Javier、Helen Sun、Sungwoo Park、Jeff Wilson、Yi Tian、Marvin G. Perez.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE