米企業の社債保証コストが低下-ECBの債券購入計画で

6日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが低下。欧州中央 銀行(ECB)のドラギ総裁が国債を無制限に購入するプログラムに政 策委員会が合意したことを明らかにしたことを受け、5月以来の低水準 となった。

ブルームバーグが集計したデータによると、北米企業の信用リスク の指標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニ ューヨーク時間午後5時32分(日本時間7日午前6時32分)現在、5.7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の94.9bpと、5月2 日以来の低水準。1営業日の下げ幅としては7月27日以来の大きさ。

ドラギ総裁はフランクフルトでの記者会見で、「ECBはユーロ圏 の物価安定に関する破壊的シナリオを回避する完璧な防護策を備える」 と説明。国債購入後は不胎化措置を実施し、通貨供給量への影響を完全 になくすとした。

ダブルライン・キャピタルのグローバル・デベロップト・クレジッ ト責任者ボニー・バハ氏は「ドラギ総裁は『印刷機の運転を開始する』 と市場に伝えている」と述べた。

CMAによると、米銀モルガン・スタンレーの5年物CDSスプレ ッドはニューヨーク時間午後4時半現在、33bp低下の272.5bpと、 2月以来の低水準。

原題:U.S. Company Credit Swaps Fall as ECB Says Bond Buys Unlimited(抜粋)

--取材協力:Gabi Thesing.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE