NY原油:続伸、ECBが国債購入プログラム発表-在庫減少

ニューヨーク原油相場は続伸。欧州 中央銀行(ECB)が域内債務危機対策として国債購入計画を発表した ことや、米国の原油在庫が5カ月ぶりの低水準に減少したことが手掛か り。

ECBのドラギ総裁は無制限の国債購入プログラムに政策委員会が 合意したことを明らかにした。米経済指標を受け、労働市場に対する楽 観的な見方も強まった。エネルギー省によると、先週の原油在庫は743 万バレル減の3億5710万バレルと、減少幅は昨年12月以来の最大となっ た。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)のエ ネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「原油が上げている主な理 由は、ECBの債券購入プログラムを受け株価が上昇していることと、 ADP民間雇用者数が良かったことだ」と指摘。「この日の在庫統計も 全般的に相場の支えになっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前日 比17セント(0.18%)高の1バレル=95.53ドルで終了した。一時 は2.5%高の97.71ドルをつけた。年初からは3.3%値下がりしている。

原題:Oil Rises as ECB Announces Bond-Buying Program, Supplies Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE