JPモルガンの取引損失、上院小委員会が調査を強化-関係者

米銀JPモルガン・チェースがデリ バティブ取引で巨額の損失を出した問題に対し、レビン米上院議員(民 主、ミシガン州)が委員長を務める上院常設調査小委員会は調査を本格 化している。調査について説明を受けた関係者3人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。