FRB議長が住宅ローン借り換え、緩和効果を率先して体現

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は昨年、住宅ローンを借り換え、30年ローンの金利はそ れまでの5.375%から4.25%に引き下げられた。6日公開された米政府 倫理局(OGE)の年次資産開示資料で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。