スペイン債は上昇、ECBの国債購入計画で安全需要が後退

6日の欧州債市場ではスペイン国債 が上昇し、10年債利回りは8週間ぶり低水準となった。欧州中央銀行 (ECB)のドラギ総裁が無制限の国債購入プログラムで政策委員会が 合意したと明らかにしたことが手掛かり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。