ドンブレト独連銀理事:ECBの国債購入、恒久化受け入れず

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のドン ブレト理事は6日、欧州中央銀行(ECB)による国債購入は各国の改 革意欲をそぐとして、恒久的な金融政策となってはならないとの認識を 示した。

来日中の同理事は東京都内で講演し、「ユーロシステムによる国債 買い入れは市場で注目されている国に財政再建と構造改革への着手を迫 る圧力を軽減する」と述べた上で、国債購入が「新たな標準」になるよ うなことは断じてあってはならないと言明した。発言は独連銀がウェブ サイトに掲載した講演テキストに基づく。

ドンブレト理事はさらに、ECBの国債購入はある国の納税者のリ スクを別の国の納税者にシフトさせると指摘、「そうした負担の共有は 民主的な選挙で選ばれ、財政を扱う政策立案者の仕事であり、金融政策 の責務ではない」と語った。

原題:Dombret Says ECB Bond Purchases Should Not Become ‘New Normal’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE