香港株(終了):ハンセン指数、3日ぶり反発-鉄道株が高い

香港株式相場は上昇。ハンセン指数 が3営業日ぶりに反発した。中国の景気減速が深刻化しつつある兆しは あるものの、欧州中央銀行(ECB)の債券購入プログラムに関する発 表を6日に控えて様子見姿勢が広がった。

中国の鉄道関連株が上昇。政府が複数の地下鉄計画を承認したこと が手掛かりとなった。中国の鉄道車両メーカー、中国南車(1766 HK) は8.8%値上がり。鉄道建設の中国中鉄(390 HK)や中国鉄建(1186 HK)も高い。欧州を最大市場とする衣料小売りのエスプリ・ホールディ ングス(330 HK)は2.7%高。

ドイツの高級車メーカー、BMWと提携する華晨中国汽車(1114 HK)は6.8%安。同社の支配株主が一部持ち株を売却するとの発表が響 いた。

ハンセン指数は前日比64.23ポイント(0.3%)高の19209.30で終 了。構成49銘柄中、値上がりと値下がりの比率は約3対2。ハンセン中 国企業株(H株)指数は同0.5%高の9069.39。

第一上海証券のチーフストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港 在勤)は「市場はECB会合で新たなニュースが出るのを待っている」 と指摘。「規模はどうあれ、ECBが債券購入を目指すというのがコン センサスだ。中国では、新たなハードランディングをめぐるうわさがあ る。中国経済は減速しつつあるが、政府が景気を安定させるために活用 できる手段は多い」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Rise Before ECB Announcement; Rail Stocks Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE