フットボール観戦の必需品、鶏手羽肉が2倍に高騰-干ばつで

米ナショナル・フットボールリーグ (NFL)のバッファロー・ビルズの本拠地、ラルフ・ウィルソン・ス タジアムから自動車で6分の場所にあるレストラン、ダフズ・フェイマ ス・ウィングズのパートナー、フィル・キネッキ氏には心配事が2つあ った。それは、チームの成績と鶏肉価格だ。

ビルズは1999年以降プレーオフに出場しておらず、8シーズン連続 で負け越している。ダフズの売り上げも打撃を受ける可能性がある。試 合観戦の必需品、鶏手羽肉の価格は過去1年間でほぼ2倍に高騰してい る。こんがりと揚げられた鶏手羽肉は、ニューヨーク州バッファローの バーで1960年代に人気に火が付いた。ダフズはビルズの試合の日には通 常を50%上回る約1200ポンドの鶏手羽肉を売り上げる。業界のデータに よると、米国の鶏手羽肉消費量は年間約250億個に上る。

米国は1956年以降で最悪の干ばつに見舞われ穀物に被害が出てお り、飼料価格が高騰。コーンチップやハンバーガー、ナチョス、鶏手羽 肉などフットボールシーズンに欠かせない食べ物の価格も上昇してい る。米タイソン・フーズなど食肉加工会社は生産を削減しており、レス トラン・チェーンのバッファロー・ワイルド・ウィングズなどが購入す る鶏肉の価格が高騰している。

キネッキ氏はバッファローにあるレストランからの電話インタビュ ーで「鶏手羽肉は高値だが、状況はさらに悪化するだろう」と予想。 「販売業者の多くが鶏肉と牛肉の価格上昇を予想している。とても心配 だ」と述べた。

米農務省によると、米国の鶏手羽肉の卸売価格は5日に1ポンド当 たり1.855ドルと、前年同期の90セントから上昇している。3月に は1.90ドルと、過去最高値に達した。

原題:U.S. Football Snack Prices Double With Drought Withering Crops(抜粋)

--取材協力:Steve Stroth.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE