日銀総裁:現局面では悪影響の可能性をより強く意識する必要-円高

日本銀行の白川方明総裁は6日午 後、都内で講演し、現局面では海外経済の先行きをめぐる不確実性が大 きいとし、円高の経済・物価への影響については「マイナスの影響を及 ぼす可能性の方をより強く意識する必要がある」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。