日銀は10兆円規模の外債購入を、インフレ目標2%に-民主党経産部会

民主党は6日、円高・デフレ対策特 別チームの会合を開き、経済産業部門会議がまとめた日本銀行に対する 要請書を公表した。10兆円規模の外債購入やインフレ・ゴール(目標) の2%への引き上げを盛り込んだ。同要請書は3日に前原誠司政調会長 にも提出されている。座長の北神圭朗経産政務官が会合後の記者説明で 明らかにした。

要請書は、日銀の資産買い入れ等基金を活用した「10兆円のアジア 各国通貨建てを含む外債購入の検討」をはじめ、過度なアジア通貨安を 未然に防ぐためのチェンマイ・イニシアティブの連携強化も明記した。 外債購入についてはすでに民主党が次期衆院選で掲げるマニフェスト (政権公約)素案に「政府・日銀間のアコード(協定)」とともに盛り 込まれている。

また、日銀が1%に設定している「物価安定のめど」について、ゴ ール達成が確実になった時点で、目標値の2%への引き上げも検討する よう主張。このほか、不動産や株式市場の低迷が企業活動の制約になっ ているとし、不動産投資信託(J-REIT)や指数連動型上場投資信 託(ETF)などの商品を日銀が積極的に購入するよう求めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE