投資家のプラチナ購入量が増加-南アのストによる操業停止で

投資家によるプラチナの購入量 が2010年以来の高水準に増加している。南アフリカ共和国の鉱山の操業 が停止し、供給が少なくとも過去7年で最大の落ち込みを示したため だ。

ドイツ銀行の推計によると、ストライキなどによる鉱山の操業停止 により今年の生産量は予想を38万オンス下回っている。この量は世界の 生産の約6%に相当する。ブルームバーグが集計したデータによれば、 上場取引型金融商品(ETP)を通じたプラチナの購入量は8月に1年 8カ月ぶりの高水準に達した。ブルームバーグが集計したアナリスト12 人の予想では、10-12月(第4四半期)の相場平均は1オンス当た り1625ドルと、約1年ぶりの高値になると予想されている。

生産減により供給過剰分が縮小している。プラチナ相場は供給過剰 により7月に弱気相場まで0.4パーセントポイント以内まで下げた。英 ロンミンのマリカナ鉱山で先月、警察当局がスト参加者に発砲し34人が 死亡したことも相場上昇につながった。

原題:Platinum Buying Expands as Mining Strikes Escalate: Commodities(抜粋)

--取材協力:Carli Cooke、Matthew Hill、Glenys Sim.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE