運用会社スパークスが太陽光発電に参入

独立系運用会社スパークス・グルー プは熊本県に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を設置、発電事業に 参入する。同事業を誘致する熊本県芦北町、建設・運営を請け負うコ ア・テック(東京都)と6日に覚書を締結した。脱原発や電力自由化の 動きをにらんで、今後の成長分野と位置付けており、同社にとっては初 の再生エネルギー事業への投資案件となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。