EU、銀行間金利規制について意見募る-不祥事の再発防止で

欧州連合(EU)の欧州委員会は、 ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)や欧州銀行間取引金利 (EURIBOR)など市場の指標金利に対する規制についての意見を 求めている。LIBORの不正操作が発覚したことで再発防止を目指 す。

欧州委が電子メールで配布した声明によれば、EU当局は市中銀行 に見通しではなく実際の取引データの提出を義務付けたり、金利設定に 関与する銀行の数を増やすなどの選択肢を検討している。

バルニエ委員(域内市場・金融サービス担当)は声明で、「指標金 利の正確性を確保する措置を講じることが不可欠だ。LIBOR操作問 題をめぐり現在進められている国際的な調査は、銀行による受け入れが たい慣行の新たな実例をまだ明らかにはしていない」とコメントした。 欧州委は11月15日まで意見を受け付ける。

原題:EU Seeks Views on Libor Overhaul Plans in Rate-Rigging Response(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE