EU、中国の太陽光パネルメーカーへのダンピング調査開始

欧州連合(EU)は中国の太陽光パ ネルメーカーに対するダンピング(不当廉売)調査を開始した。米国に 続く対抗措置で、EU域内のメーカーが不当な値引きによって被害を受 けていることが判明すれば制裁関税を課す方針だ。

EUの欧州委員会は6日の官報で、中国製の太陽光パネルが「ダン ピングされ、域内の業界に損害を与えている輸入製品かどうか」を判断 する調査だとコメントした。再生可能なエネルギー技術でドイツ最大手 のソーラーワールドなどが打撃を被っているかどうかを見極める。

欧州委は暫定的な反ダンピング関税を半年間課すかどうかを9カ月 間かけ決める。EUは5年間の「最終的」な反ダンピング関税の対象と するかどうかの判断に1年3カ月をかける。

原題:Chinese Solar-Panel Exporters Face the Threat of EU Tariffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE