【クレジット市場】国債金利リスクが最大、小泉以降の年限長期化鮮明

小泉純一郎氏から野田佳彦氏に至る 歴代内閣が低金利を活用し、国債の年限(デュレーション)の長期化を 進めてきた結果、投資家が金利上昇(価格は下落)時に被る潜在的な損 失は過去最大規模に膨らんでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。