BHP:長期的な資源価格下落を予想、中国景気鈍化で-CEO

世界最大の鉱山会社、オーストラリ ア・英系BHPビリトンのマリウス・クロッパース最高経営責任者 (CEO)は、同社が生産する資源の価格が「長期的に」下落すると予 想していることを明らかにした。中国の景気拡大鈍化が需要を圧迫して いるためと説明した。

クロッパースCEOは26日、オーストラリア放送協会(ABC)の 番組「インサイド・ビジネス」で、「長期的な資源価格を見極めるため に非常に厳しいプロセスを経験している。全般的に見て価格は下落して いる。一部の資源については他と比較して魅力が増すだろう」と語っ た。

BHPは先週、1-6月(下期)の利益が落ち込んだことを受け、 サウスオーストラリア州でのオリンピックダム鉱山の拡張など総額 約680億ドル(約5兆3600億円)相当のプロジェクトの承認を保留し た。クロッパースCEOは番組の中で、同社は探鉱事業に焦点を絞って おり、コスト管理に努め、新資本をアルミニウムやニッケルなどの事業 には配分しない方針を示した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のスティーブンス総裁は24 日、豪議会委員会での半期に一度の証言で、資源関連投資が2年以内に ピークに達するとの見通しを示した。ファーガソン豪資源・エネルギー 相は23日、資源ブームは終わったと述べていた。

原題:Kloppers Sees Long-Term Price Decline for BHP’s Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE