ブルームバーグ消費者信頼感指数、5週連続でマイナス40割れ

米国の消費者信頼感指数は2日終了 週、前週とほとんど変わらずで、8カ月ぶり低水準付近にとどまった。 ガソリン価格の上昇や失業率の高止まりが重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。