9月5日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ上昇、ECB債券購入計画の詳細発表を控え

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが大半の主要通貨に対して上 昇。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が債務危機の沈静化に向け、 債券の無制限購入と不胎化措置を発表すると、中銀関係者2人が明らか にしたことが買いを誘った。

前週はドラギ総裁が6日の政策決定会合で追加の金融緩和策を発表 するとの楽観が広がり、ユーロが対ドルで2カ月ぶりの高値を付けた。 ポンドはこの日、対ドルで3カ月ぶり高値に上昇した。英サービス業活 動が加速し、英中銀が緩和策を見送るとの思惑が背景にある。カナダ中 銀のカーニー総裁が利上げの必要性にあらためて言及したものの、カナ ダ・ドルは軟化した。

バークレイズの通貨ストラテジスト、アループ・チャタジー氏(ニ ューヨーク在勤)は「ユーロはかなり短期的には上昇する余地がある。 ECBがわずかながらも追加緩和を実施する可能性があり、欧州資産の リスクプレミアムが下がっているためだ」と分析。「ECBは前回会合 からの政策姿勢を維持すると思われるが、一段の詳細を明らかにする必 要がある」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.3%上げて1 ユーロ=1.2601ドル。一時は0.5%下げる場面もあった。前週末に は1.2638ドルと7月2日以来の高値を付けていた。対円ではこの 日、0.2%高の1ユーロ=98円77銭。円は対ドルでほぼ変わらずの1ド ル=78円39銭。

「ユーロ安トレンドの反転も」

ゲイン・キャピタル・グループのシニア為替ストラテジスト、エリ ック・ビロリア氏(ニューヨーク在勤)は「ユーロはテクニカル的には っきりした下降トレンドにあるが、1.2650ドルを断定的に上回れば、こ のトレンドが反転する可能性がある」と指摘した。さらに「ドラギ総裁 が前回会合で債券購入に言及した。そのために楽観的な見方の多くが織 り込まれ、ユーロは上昇してきた。うわさで買って事実で売る動きにな る公算もある」と語った。

フォーキャストによると、ユーロは下降チャンネルの上限に達した 後、2年ぶりの安値に下落する可能性がある。

カナダ・ドルは0.5%安の1米ドル=99.05カナダ・セント。カナダ 中銀は政策金利を1%で据え置いた。カーニー総裁は世界的な需要減で 輸出が弱く景気回復が抑制されているものの、内需が景気を押し上げて おり、利上げが必要になる可能性があると述べた。

ポンドは対ドルで0.2%高の1ポンド=1.5902ドル。一時は1.5934 ドルと5月16日以来の高値を付けた。対ユーロで0.1%安の1ユーロ =79.23ペンス。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.1%安の81.312。

年限は3年程度か

計3人の関係者が匿名を条件に述べたところによると、青写真で 「マネタリー・アウトライト・トランザクション」と名付けられている 案で、ECBは利回りに表立った上限を設定することは控える。関係者 のうち2人は、購入対象は広範囲の資産ではなく国債のみで、年限が3 年程度までのものになると述べた。

ドイツのメルケル首相は与党キリスト教民主同盟(CDU)の議員 らに、年限が短めの債券を対象としたECBの一時的な購入は容認でき ると語った。非公開の会合での発言について、ノルベルト・バーセル議 員が明らかにした。

ドイツ憲法裁判所は12日にユーロ圏の恒久的な救済プログラムであ る欧州安定化メカニズム(ESM)が違憲かどうかの判断を下す。中銀 関係者2人は8月24日にドラギ総裁が債券購入計画の完全な詳細を同裁 判所の判断が出るまで遅らせる可能性があると指摘した。

ソシエテ・ジェネラルの法人為替営業ディレクター、カール・フォ チェスキ氏(ニューヨーク在勤)は「ドラギ総裁の計画に対する興奮気 味の期待感による一時的な動きのようだ。6日の記者会見への期待が高 まっている」と指摘。「ドイツ憲法裁判所の判断など多くの材料が残っ ている」と続けた。

原題:Euro Rallies on ECB’s Bond-Buying Plan to Contain Debt Crisis(抜粋)

◎米国株:総じて下落、フェデックスの予想を嫌気-ECBの発表待ち

5日の米国株相場は総じて下落。S&P500種株価指数は続落し た。米小荷物輸送フェデックスの業績予想が嫌気されたほか、世界的に も経済統計が失望された。投資家は欧州中央銀行(ECB)による6日 の政策決定発表を待っている。

フェデックスは2%安。同社が発表した四半期予想は約3年ぶりの 減益だった。フェイスブックは4.8%高。マーク・ザッカーバーグ最高 経営責任者(CEO)が少なくとも1年間は持ち株を売却しない予定 だ。

S&P500種株価指数は1.50ポイント(0.1%)下げて1403.44。一 方、ダウ工業株30種平均は11.54ドル(0.1%)高の13047.48ドルだっ た。米証券取引所全体の騰落比率は1対5。

ロバート・W・ベアードのチーフ投資ストラテジスト、ブルース・ ビトルズ氏は「過去3週間、様子見の展開が続いている」と述べ、「売 り手は一段の量的緩和を予想して取引を控えている。量的緩和前の売り 持ちや売却は望んでいない。身動きできない状態だ」と続けた。

S&P500種は過去3週間、1400付近で推移している。欧州当局者 は債務危機収束への取り組みを続けており、バーナンキ連邦準備制度理 事会(FRB)議長は先週の講演で一段の量的緩和の可能性を排除しな い姿勢を示した。

ドラギ総裁の計画

ECBのドラギ総裁が計画している債券購入案は、無制限に買い入 れる一方で不胎化措置によって通貨供給増加に対する市場の懸念を抑え る内容だと、説明を受けた中銀関係者2人が明らかにした。

ドラギ総裁は欧州議員らに今週、分断化されたユーロ圏経済の中で 金利をコントロールする力を中銀の手に取り戻し、ユーロの存続を確実 にするために債券市場への介入が必要だと説明していた。ECBの政策 委員会は5日中に計画についての協議を開始し、合意に至ったかどうか をドラギ総裁が6日の記者会見で公表する。

投資家はまた7日に発表される8月の米雇用統計にも注目してい る。エコノミスト予測では失業率は43カ月連続で8%を上回る。

フェデックスが安い

フェデックスは2%安。6-8月(第1四半期)の1株利益は1.37 -1.43ドルになったもようだ。従来予想は1.45-1.60ドルだった。決算 発表で実際に1株利益(調整後)が減少すれば、2009年9-11月期以降 で初となる。

ライバルのユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は2.4% 安。ダウ輸送株平均は1.1%下落した。

S&P500業種別10指数の中では公益事業株と工業株が特に下げ た。一方、素材株や通信サービス株、消費者サービス株は上昇した。ウ ォルト・ディズニーは2.3%高だった。

フェイスブックは4.8%上昇。ザッカーバーグCEOは最低1年間 は持ち株を売却しない予定であることが、米証券取引委員会(SEC) への届け出で明らかになった。

原題:Most U.S. Stocks Fall on FedEx, Economy as Investors Await ECB(抜粋)

◎米国債:続落、ECBは無制限に国債買い入れとの観測で

米国債市場では利回りが約1カ月ぶり低水準から上昇した。欧州中 央銀行(ECB)の債券購入案の具体策としてソブリン債を無制限に買 い入れることが示唆されていると伝わり、安全資産とされる米国債の投 資妙味が薄れた。

30年債利回りは一時、上昇幅を縮小する場面も見られた。今週発表 される8月の米雇用統計では、雇用増加ペースの鈍化が示されると予想 されており、米金融当局が景気刺激を目指し資産購入プログラムの第3 弾に踏み切るとの観測が強まっている。米連邦公開市場委員会 (FOMC)は会合を来週に控えている。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「欧州発の良いニュースは何であれ、状況が様変わりす ることを示唆する」とし、利回りについて「上昇しているという事実は プラスの兆候だ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、ニューヨーク時間 午後5時現在、30年債利回りは前日比3ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)上昇の2.71%。一時、2.66%まで下げる場面も見られた。 前日は一時2.65%と、8月7日以来の低水準を付けていた。この日の同 年債(表面利率2.75%、2042年8月償還)価格は17/32下落して100 27/32となっている。

10年債利回りは2bp上昇して1.60%。一時は1.55%まで下げてい た。前日は1.54%と、8月6日以来の低水準を付ける場面もあった。

米当局による追加金融緩和の観測を背景に、利回りが大幅に上昇す る可能性は抑えられているとコーリ氏は指摘した。

割高感がやや後退

米国債は今週に入り、過去1カ月で最も割高な水準から下落した。 FRBのエコノミストが開発した金融モデルに基づく10年物タームプレ ミアム(期間に伴う上乗せ利回り)は、この日マイナス0.93%と、8 月31日に付けたマイナス0.96%から上昇。マイナスのタームプレミアム は、適正水準を下回る利回りでも投資家が積極的に受け入れていること を意味する。年初来平均はマイナス0.73%。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによる と、年初から前日までの米国債リターンは2.5%。一方、S&P500種株 価指数は同期間に配当の再投資を含め13%上昇した。

欧州当局は3年目に突入した域内債務危機の収束に取り組んでい る。当局の説明を受けた中銀関係者が匿名を条件に明らかにしたところ では、「マネタリー・アウトライト・トランザクション」と名付けられ ているECB計画案の購入対象は広範囲の資産ではなく国債のみで、年 限が3年程度までのものになる。国債購入によってシステムに流れ込ん だ流動性を他の部分で吸収して購入を不胎化し、通貨供給量への影響を 中立にするという。

下押し圧力

ソシエテ・ジェネラルのトレーダー、ショーン・マーフィー氏は 「これが万能薬もしくは答えになるとは思わないが、正しい方向への一 歩だ」とし、「米国債には下押し圧力がかかった」と指摘した。

ECBのドラギ総裁は今週、欧州議会の非公開会合で、利回り抑制 力を取り戻しユーロを防衛するために国債市場への介入が必要だとの認 識を示した。総裁は明日、ECB会合後の記者会見で政策を発表する見 通し。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロス 氏(ニューヨーク在勤)は「計画は通りそうだ」とし、「財政調整や犠 牲は必要だが、それと同時に経済成長も達成しなければならない。この 計画により当局は時間の余裕を得られ、一層の低金利のメカニズムが経 済成長をもたらすことが望まれる」と述べた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によると、 ECBは今週の会合で政策金利を現行の0.75%から0.5%に引き下げる と予想されている。

原題:Treasury Yields Rise From One-Month Lows on ECB Bond-Plan Bets(抜粋)

◎NY金:小幅安、ECB不胎化計画でヘッジ需要が減退

ニューヨーク金先物相場は3営業日ぶりに下落。欧州中央銀行 (ECB)の債券購入計画の内容が伝わるなか、インフレヘッジとして の需要が減退した。

ECBの計画は国債を無制限に買い入れる一方で、不胎化措置によ って通貨供給増加に対する市場の懸念を抑える内容になるという。金は 前日、オンス当たり一時1701.60ドルと、3月13日以来の高値をつけ た。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズ(シカゴ)のヘ ッドディーラー、フランク・マギー氏は電話インタビューで、「『不胎 化』という言葉は金にとって弱材料になる」と指摘。「利益確定の売り も一部にみられる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.1%安の1オンス=1694ドルで終了した。

原題:Gold Declines in N.Y. as ECB Sterilized Bond Plan Crimps Demand(抜粋)

◎NY原油:小幅反発、ECB債券購入計画の発表を控え

ニューヨーク原油相場は小幅反発。欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会は債務危機対策として無制限の国債買い入れを含む計画について 協議に入った。

不胎化措置によって通貨供給増加に対する市場の懸念を抑える内容 の同計画にドイツ連銀は反対していると、ECB当局者2人は明らかに した。ECBのドラギ総裁は同計画に関する政策委員会の決定を6日の 記者会見で発表する。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「市場 は今、欧州発のニュースに実に反応しやすい」と指摘。「このECBの ニュースで朝方は上昇したが、今は同じニュースを材料に伸び悩んでい る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前日比 6セント(0.1%)高の1バレル=95.36ドルで終了した。一時は95.67 ドルに上昇する場面もあった。年初からは3.5%値下がりしている。

原題:Oil Is Steady as ECB Policy Makers Meet on Bond Buying Proposal(抜粋)

◎欧州株:ほぼ変わらず、6日のECB決定に注目-BPとノキア安い

5日の欧州株式相場は前日からほぼ変わらず。欧州中央銀行( ECB)が6日に発表する金融政策が注目されている。

スイスの高級品メーカー、フィナンシエール・リシュモンは1.5% 上昇。4-8月売上高の23%増加が好感された。一方、英石油会社BP は2.9%安。メキシコ湾で2年前に起きた米史上最悪の原油流出事故を めぐり、米司法省がBPの重大過失を問う方針をあらためて表明したこ とが手掛かり。フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアは約3カ月ぶ りの大幅安。米マイクロソフトの基本ソフト(OS)を搭載したスマー トフォン(多機能携帯電話)2モデルを発表した。

ストックス欧州600指数は265.49で終了。上昇率は0.1%未満だっ た。この日は方向感のない取引に終始した。一時は0.5%安となった が、この下げは解消。ECBのドラギ総裁の計画について、国債を無制 限に買い入れる一方で不胎化措置によって通貨供給増加に対する市場の 懸念を抑える内容であると、説明を受けた中銀関係者2人が明らかにし たことがきっかけ。

IGマーケッツ(メルボルン)の機関投資家ディーラー、クリス・ ウェストン氏は顧客向けリポートで、「イベントリスクという点で台風 の目に近づきつつあり、ECB会合と金曜日の米雇用統計発表を前にト レーダーらがポートフォリオを調整できる本当に最後の日だ」とし、 「ECB会合への期待は昨晩に変わり、打ち出される公算が大きい決定 に関して市場は一段と中立的な姿勢となっている雰囲気だ」と続けた。

計3人の関係者が匿名を条件に述べたところによると、青写真で 「マネタリー・アウトライト・トランザクション」と名付けられている 債券購入案で、ECBは利回りに表立った上限を設定することは控え る。関係者のうち2人は、購入対象は広範囲の資産ではなく国債のみ で、年限が3年程度までのものになると述べた。

5日の西欧市場では、18カ国中12カ国で主要株価指数が上昇した。 フランスのCAC40指数は0.2%、ドイツのDAX指数は0.5%それぞれ 上げた。

原題:European Stocks Are Little Changed Before ECB Meeting; BPDrops(抜粋)

◎欧州債:スペイン10年債続伸、ECBの無制限購入を期待

5日の欧州債市場でスペイン10年債相場が3日続伸。欧州中 央銀行(ECB)が無制限の債券購入を計画していると中銀関係者 が明らかにしたことを受け、周辺国の国債需要が高まった。

ドイツ10年債は軟調。国債入札で応札額が目標上限に達しな かった。スペイン2年債は下げた。同国は6日、2014年から16年 に償還を迎える最大35億ドル相当の国債入札を実施する。ドラギ ECB総裁は国債利回りに上限を設定することは控えると、関係者 3人が匿名を条件に明らかにした。

ジェフリーズ・インターナショナル(ロンドン)のシニア欧州 エコノミスト、マーチェル・アレクサンドロビッチ氏は、「明るい 材料で、債券市場はこれに反応した」とし、「ドラギ総裁が国債購 入計画についての詳細を全く明らかにしない懸念がややあるが、す くなくともある程度の方針は示されるだろう。何もないよりましだ」 と語った。

ロンドン時間午後4時8分現在、スペイン10年債利回りは前 日比15ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

6.42%。同国債(表面利率5.85%、2022年1月償還)価格は

0.99上げ96.015。一方、2年債利回りは5bp上げ3.12%とな った。

ドイツ連邦銀行(中央銀行)の発表によると、10年債入札の応 札額は39億3000万ユーロと、目標上限の50億ユーロを下回った。 平均落札利回りは1.42%で、8月8日に行われた前回入札と同水準。 7月11日の入札では過去最低となる1.31%を記録した。

ドイツ10年債利回りは前日比2bp上昇の1.46%。同債に対 する米10年債の利回り上乗せ幅(スプレッド)は11bpに縮小し、 7月26日以来の最小となった。先月24日は33bpだった。

英国債

英国債相場は下落。前日遅くに発表された経済統計で英サービ ス業の経済活動がエコノミスト予想以上に加速したことから、イン グランド銀行(英中央銀行)が6日の政策決定会合で量的緩和の拡 大を控える可能性が高まった。エコノミスト調査でも金融政策の現 状維持が見込まれている。

英10年債利回りは前日比1bp上昇の1.64%。一時は

1.71%まで上げ、先月21日以来の高水準となった。同国債(表面 利率1.75%、2022年9月償還)価格はこの日、0.115下げ

101.02。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、イング ランド銀は資産買い取りプログラムの規模を3750億ポンドで維持 すると予想されている。

原題:Spanish Bonds Gain as ECB Said to Propose Unlimited Bond-Buying(抜粋) Pound Rises to Three-Month High on U.K. Data, ECB Speculation (抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE