ドイツ首相:ECB総裁と独連銀総裁の双方を支持-議員らに

ドイツのメルケル首相は5日、与党 議員らに対し、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁とドイツ連邦銀行 のバイトマン総裁の双方を支持していると言明した。ECBによる国債 購入について意見が分かれているとしても、両氏はともにそれぞれの責 務を果たしているとの認識を示した。非公開の会合の参加者2人が明ら かにした。

メルケル首相はベルリンでユーロ危機について与党議員らに説明。 両総裁をともに支持することに矛盾はないと述べたという。党関係者が 匿名を条件に語った。

ECBの政策に反対するバイトマン氏とドラギ総裁への支持を同時 に表明するのは、ユーロ圏危機解決のコスト負担を嫌うドイツ国民とド イツの貢献を迫る国際社会の双方に配慮し政治的バランスを取ったもの だ。

キリスト教民主同盟(CDU)のノルベルト・バーセル議員は会合 後に、首相は「バイトマン総裁を全面的に支持しているが、同時に独立 したECBがユーロの安定に寄与しその責務を果たすことも支える」と し、首相のECBの支持は「それらの措置が短期的なものである限りに おいて有効だ」と述べた。

原題:Merkel Said to Tell Lawmakers She Backs Draghi and Weidmann(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE