カナダ中銀:政策金利を1%で据え置き、利上げ可能性も示唆

カナダ銀行(中央銀行)は5日、政 策金利を1%で据え置いた。世界的に輸出需要が弱いものの、国内の消 費増加に伴い景気回復が勢いづいており、利上げが必要になる可能性が あるとの見方をあらためて示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。