ポテトバーガーはいかがー米マクドナルド、インドで菜食店舗

外食産業最大手、米マクドナルドは 来年にインドで菜食主義者向けのレストラン2店をオープンし、牛肉の ハンバーガーではなくポテトのサンドイッチを提供する。同社にとって 世界で初めての試みとなる。

マクドナルドのインド広報担当、ラジェシュ・クマール・マイニ氏 によると、ヒンズー教とシーク教の聖地がある北インドの都市で2店舗 を開店する。ヒンズー教とイスラム教の信者が国民の過半数を占めるイ ンドでは、マクドナルドは既に牛と豚を材料にした商品をメニューから 外している。

消費者の信仰に配慮した集客戦略は、マクドナルドの国外での売り 上げ増加を図る取り組みを示すものだ。菜食主義者向け店舗のメニュー には、マッシュポテトをパテにした「マックアルー・ティッキバーガ ー」のほか、野菜とチーズのベジタリアンピザなどが載っている

マイニ氏によると、通常店舗ではチキンマックナゲットとフィッシ ュバーガーを取り扱っているものの、ヒンズー教で神聖とされる牛の肉 を使ったハンバーガーは販売していない。現地法人2社との提携関係を 通じたマクドナルドのインド店舗数は最大271店となっている。

原題:McDonald’s Plans First Vegetarian Restaurants Globally in India(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE