ユーロ圏:7月小売売上高、前月比0.2%減-ドイツ落ち込む

ユーロ圏では7月の小売売上高が落 ち込んだ。域内の景気低迷が深刻化し、ドイツやスペインなどで消費者 需要が減退した。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が5日発表した7月の ユーロ圏小売売上高指数は前月比0.2%低下。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト21人の調査中央値でも0.2%低下が見込まれ ていた。前年同月比では1.7%低下。6月の指数は前月比0.1%上昇だっ た。

発表によると、ドイツは前月比0.9%減少。6月は0.5%増だった。 フランスは0.9%増えたものの、スペインは1.9%減った。ギリシャとキ プロス、イタリアの数値は公表されなかった。

原題:Euro-Region Retail Sales Declined in July, Led by Germany (抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE