ハッカーがアップル製品の個人情報をFBIから盗んだと主張

米連邦捜査局(FBI)のコンピュ ーターから米アップルの利用者情報1200万件を盗んだと主張しているハ ッカーが、こうした個人情報100万件をネット上で公開したことを明ら かにした。ただハッカー側の主張の多くは根拠がないとして反論を受け ている。

FBIは4日、「FBIのノートパソコンから情報が漏れたことを 示す証拠も、FBIがこのデータを探し入手したことを示す証拠もな い」とする声明を発表した。アップルはコメントを求める電話と電子メ ールに対し返答していない。

米Fセキュアのセキュリティーアドバイザー、ショーン・サリバン 氏は同日のインタビューで、ハッカーらが公開したのは「iPhone (アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」、「iPod To uch(アイポッド・タッチ)」に割り当てられた固有の認識番号だろ うと指摘。ハッカーの公開したデータファイルを分析した同氏は、利用 者名や電話番号、アドレスなど他の情報が主張通り盗まれているのかど うかは分からないと述べた。

サリバン氏は「深刻な情報漏れでは全くない」と説明。FBIから 盗んだデータだという主張についても「追加の裏付けとなる証拠も提示 していない。これまでのところインタビューも求めないということはで っち上げだと思う」と語った。

原題:Hackers Claim Release of 1 Million Apple IDs; FBI Denies Breach(抜粋)

--取材協力:Phil Mattingly、Michael Riley、Adam Satariano、Reed Stevenson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE