宮尾日銀委員:追加緩和の効果と持続に不確実性-弊害も留意し判断

日本銀行の宮尾龍蔵審議委員は5日 午後、山口県下関市内で会見し、金融政策運営について「必要と判断さ れる場合はしっかりと対応する」と述べる一方で、さらなる金融緩和の 効果の大きさや持続性には不確実性があるとした上で、「弊害やリスク も十分留意」しながら、適切に政策判断を行っていく考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。