川崎重株3年半ぶり安値、自衛隊のヘリ不正納入疑惑報道-東京市場

川崎重工業株が急落し、およそ3年 半ぶりの安値を付けた。陸上自衛隊のヘリコプターの不正納入疑惑で、 東京地検特捜部が同社を家宅捜索したと一部報道で伝えられ、今後の 事業活動、業績などへの影響を懸念する売りが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。