日銀、固定金利オペで再び札割れ-決定会合で減額も奏功せず

日本銀行が実施した資産等買い入れ 基金による4カ月程度の固定金利オペは、3回連続で応札額が予定額 を下回る札割れとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。