米モンサント製の遺伝子組み換えトウモロコシ、有効性が低下

米モンサント製の害虫を抑制するよ う遺伝子が組み換えられたトウモロコシの有効性が中西部で低下してい ることを示す「証拠が増えている」との見方を、米環境保護局 (EPA)が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。