米産牛輸入7年ぶり緩和、月齢30カ月以下へ-吉野家株が上昇

米国産牛肉の輸入規制の緩和につい て検討してきた内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会は5日、 「月齢20カ月以下」としていた従来の制限条件を改め、「30カ月以下」 にしてもよいとする評価結果を出した。規制が緩和されれば7年ぶり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。