世界半導体売上高、今年の見通しを下方修正-UBS

  ニコラ・ゴドワ氏らUBSのハ イテク担当アナリストは、2012年の世界半導体売上高が3%減少すると 予想し、1.4%増加するとしていた従来の見通しを下方修正した。消費 者の需要の弱さと余剰在庫を理由に挙げた。

・状況がはっきりするにはさらに1四半期が必要となる可能性 ・13年の半導体売上高見通しも6%増に下方修正。従来予想は8.5%増 ・コンセンサス予想は下振れも。収益サイクルの谷は早くて7-9月(

第3四半期)決算シーズンの後、遅くて13年1-3月(第1四半期) ・UBSは半導体業界の投資判断を「中立」に据え置き

原題:Semiconductor Industry Sales Growth Seen Falling This Year: UBS(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE