鉄鉱石取引、8月は過去最高水準に増加-価格下落で

鉄鉱石取引が8月に過去最高水準に 達した。世界最大の消費国である中国の需要鈍化を背景に価格が約2年 ぶりの安値に下落したことが要因。

スチール・インデックスが4日発表した資料によると、鉄鉱石のス ワップとオプションの取引高は8月に1780万トン相当に増加した。中国 の天津港渡しの鉄鉱石(鉄分62%)の価格は8月に24%下げ、過去10カ 月間で最大の下落率を示した。9月4日の価格は1ドライトン当た り86.90ドルと、2009年10月以来の安値。

GFIセキュリティーズ(ロンドン)のブローカー、ジョン・ライ ト氏は「GFIでここ3年間、鉄鉱石スワップのブローカーをしている が、取引は明らかにこれまでで最も活発で参加者も増えた」と指摘。 「鉄鋼価格は長期にわたって下落しており、そのために鉄鉱石価格も徐 々に下げた。鉄鋼価格はまだ底入れしていないようだ」と述べた。

原題:Iron Ore Trading Rose to Record Last Month as Prices Plunged (3)(抜粋)

--取材協力:James Paton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE