ブラジル株:ボベスパは1カ月ぶり安値-世界的な成長懸念で

4日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が反落し、1カ月ぶりの安値を付けた。世界的に成長が 失速するとの懸念が再燃して資源株が売られたほか、監督当局の監視が 強化されるとの観測から通信会社株が値下がりした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。