NY原油:反落、米欧の製造業縮小で-需要減少を警戒

ニューヨーク原油相場は反落。8月 の米国とユーロ圏の製造業縮小が経済統計で示されたことから、経済成 長の減速で原油需要が減退するとの懸念が強まった。

米ISM製造業景況指数は市場予想も下回った。マークイット・エ コノミクスが3日発表した8月のユーロ圏製造業景気指数の改定値は、 速報値から下方修正された。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ(マ サチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は「経済 に活力がないため、相場は下落している」と指摘。「欧州の製造業の数 字にISMの統計が重なった。全般的に経済指標は弱い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前営業 日比1.17ドル(1.21%)安の1バレル=95.30ドルで終了した。年初か らは3.6%値下がりしている。

原題:Crude Declines as Manufacturing Contracts in U.S., Europe (抜粋)

--取材協力:Mark Shenk、Alexander Kowalski、Simone Meier、Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE