ECB総裁:ユーロ存続のために国債購入が必要-議会を説得

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は、同中銀の主たる責務が国債市場への介入を不可欠にするとの認識 を示した。ユーロの存続を確実にするため、金利をコントロールする力 をECBが取り戻す必要があると主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。